カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

nomutaro

Author:nomutaro
高知から
カメラ;PENTAX K100D
レンズ;DA 18-55mm F3.5-5.6
TAMRON AF 70-300mm F4-5.6


カテゴリー

最近の記事

インフォメーション


著者;久良田篤志

愛花
花は私たちに安らぎを与えてくれる自然からの贈り物です。そんな花たちに癒し詞を添えての写真集。
 「でじたる書房」より発売中

catblog.gif生ゴミあさりの犯人扱いにされた猫たちは汚名返上のためにない知恵を絞って悪戦苦闘する。果たして濡れ衣をはらすことができるのだろうか。<でじたる書房>

私のビタミン剤、ランキングをよろしく↓



リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード
QRコード

FC2ブックマーク

月別アーカイブ

ブログ内検索

PR:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高知高、来春のセンバツ出場決定 

四国秋季高校野球の準決勝が3日、香川県のオリーブスタジアムで2試合が行われた。
第1戦は高知県勢同士の高知高対室戸高。高知が初回、二死一、二塁から森田の中越え2塁打で一点を先制。
ところが4回、室戸のエース森沢を降板させ、ライトの中山に交代。このとき誰もが「なぜ?」と思った。絶対のエース森沢に何かアクシデントがあったのか、誰にもわからなかった。ところがこれは室戸の作戦であった。これまで室戸は高知とは新人戦、秋季県予選で対戦。ともに頼みの森沢が打たれて負けた。特に新人戦は三回までリードしながら中盤、森沢がつかまった。総合力は高知が上。中山はスライダーの切れがいいので登板経験はないが3イニング粘らして、7回から再び球威のある森沢に投げらす━━この作戦は実は前日に森沢が監督に切り出し、決めたということらしい。あくまで甲子園をつかむための結論であったようだ。
 ところが中山は制球力を欠き、試合を決定付ける4点を失い、作戦は裏目に出てしまった。
そして7回から再びマウンドに上がった森沢が8回に2点を取られ、7-0で8回コールド、高知の勝利に終わった。
しかし、この試合の最大の高知の勝因はエース国尾の好投に尽きる。8回までわずか75球、2安打の内容は完璧であった。
これで高知は12年ぶり8回目の甲子園を手中に収めた。


⇔クリックに感謝です。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nomutaro.blog44.fc2.com/tb.php/15-ef6aad68


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。