カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

nomutaro

Author:nomutaro
高知から
カメラ;PENTAX K100D
レンズ;DA 18-55mm F3.5-5.6
TAMRON AF 70-300mm F4-5.6


カテゴリー

最近の記事

インフォメーション


著者;久良田篤志

愛花
花は私たちに安らぎを与えてくれる自然からの贈り物です。そんな花たちに癒し詞を添えての写真集。
 「でじたる書房」より発売中

catblog.gif生ゴミあさりの犯人扱いにされた猫たちは汚名返上のためにない知恵を絞って悪戦苦闘する。果たして濡れ衣をはらすことができるのだろうか。<でじたる書房>

私のビタミン剤、ランキングをよろしく↓



リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード
QRコード

FC2ブックマーク

月別アーカイブ

ブログ内検索

PR:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

直木賞受賞作、桜庭一樹著「私の男」に対する選評は…… 

第138回直木賞に桜庭一樹の「私の男」が決まった。その選評を読むと実に面白い。

浅田次郎――太鼓からつらなる正当でありながら新鮮な個性を有し、堂々たる体躯と知性をも併せもっている。やがて天翔ける姿を夢見つつ、文句なしに推挽させていただいた。

阿刀田高――想像力の広がりにおいて、文章の魅力において、またストーリーの微妙な妖しさにおいて、賭けてみようと考えた。―この作者には小説家の気配が濃厚に感じられる。

林真理子――私はこの作品をどうしても好きになれなかった。近親相姦や少女姦が道徳的に許せないというわけではなく、作者がおそらく意図的に読者に与えようとしている嫌悪感が私の場合ストレートに効いたということであろう。

渡辺淳一――ある選考委員が、「おかしいところをあげつらうと、いくらでもあるが」と述べたといわれているが、少なくともわたしはあげつらったのはなく、はっきり批判したのである。この作品の未知の魅力を認めた上でのことだが、受賞はもう1,2作みてからというのが、私の意見である。

選評に目を通して見ると桜庭一樹氏に対する選考委員の今後の期待の大きさが伺われる。

クリックに感謝


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nomutaro.blog44.fc2.com/tb.php/101-b6e7050e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。